刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP →裁判員裁判

裁判員裁判

裁判員裁判は国民が刑事裁判の審理に参加する制度です。
地方裁判所で行われる刑事裁判に参加して、被告人が有罪かどうか、有罪の場合の量刑を裁判官と一緒に決めます。
原則として裁判官3人と裁判員6人で一緒に裁判に出席して評議を行います。
裁判員裁判でも通常の裁判でも、判決に不服がある場合、検察、弁護側とも上級の裁判所に控訴や上告ができます。
裁判員裁判の控訴審は裁判官のみで行われますが、 一審の判断の結果をできる限り尊重しつつ審査に当たる必要があるとされています。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから