刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP →

検察審査会

検察審査会

検察官の不起訴処分に不服がある時に、その処分の当否について告訴人、告発人、請求人または被害者が審査の申立てをし、 被疑者を起訴しなかったことがよかったのかどうかを選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人で審査をする制度を検察審査会制度といいます。
刑事事件のうち、一部を除き、検察官が不起訴処分にした事件が審査対象となります。
検察審査会の起訴相当との議決に対して、検察官から不起訴処分をした旨の通知を受けた場合 又は定められた期間内に当該議決に対する処分の通知がなかった場合、検察審査会は、再度の審査を行うことになります。
再度の審査で、不起訴ではなく起訴をして裁判にかけるべきという結果になった場合は、指定弁護士が検察官に代わって公訴を提起することになります。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから