刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP →裁判員裁判の対象事件

裁判員裁判の対象事件

裁判員裁判の対象事件は,法定刑が死刑・無期懲役もしくは無期禁錮に当たる罪に係る事件、及び、法定刑が短期1年以上の自由刑にあたるもので、 強盗等の一部の事件を除外した事件のうち、故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪に係る事件が対象となります(裁判員法2条1項2号)。
例えば,殺人罪,強盗致死傷罪,現住建造物等放火罪,身代金目的誘拐罪,危険運転致死罪などがあります。
なお,裁判員裁判は,地方裁判所で行われる刑事事件が対象になり,刑事裁判の控訴審・上告審や民事事件,少年審判等は裁判員裁判の対象にはなりません。


初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから