刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP →被疑者と被告人の違い

被疑者と被告人の違い

被疑者とは、起訴される前の犯罪の嫌疑を受けている者を指します。
被疑者が起訴されると、被告人というように呼び方がかわります。
マスコミが使用している容疑者という呼び方は、法曹関係者は通常使用しません。
被疑者と被告人では、国選弁護人の選任や勾留期間の制限など、措置が多々相違します。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから