刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 控訴による身体拘束延長

刑事事件 控訴による身体拘束延長

刑事事件では、判決まで身体拘束(勾留)されていることが多いです。
その場合、無罪は勿論、判決で有罪となっても執行猶予が付けば、身体は解放されます。
執行猶予が付かない懲役刑が宣告されると、当然、身体は解放されず、控訴期間が経過して判決確定すると刑務所に収監されます。
控訴した場合には、身体拘束されたまま裁判は続きます。そして、控訴審の間の身体拘束期間は、その一部だけが実際の服役期間から控除されます。 そこで、控訴判決で大幅に懲役が短縮されない限り、控訴すると、実際の身体拘束期間が増加する結果となる可能性が高いのです。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから