刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 弁護人の活動は

弁護人はどのようなことをしてくれるのか

弁護人は、被疑者・被告人を擁護する立場で弁護活動を行います。
例えば、本人が無罪を主張する場合には、その証拠収集等の捜査活動を行い、 本人が自認している場合には、被害者との示談交渉も含め、情状証拠収集・証人手配等の 縮小認定・量刑軽減等のための活動を行います。
又、釈放・保釈等による身柄解放のための方法を実施します。
しかし、弁護人は捜査機関と異なり強制捜査権限を有せず且つ利用可能な人員が少ないため、 その捜査活動・弁護活動につき圧倒的に不利な立場にあります。 その不利益点を幾らかでも軽減するため、早期に弁護人を選任する必要があります。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから